浄土真宗本願寺派 仏光山如来寺

浄土真宗本願寺派 仏光山如来寺

葬儀 法事 慶事

人生には大きな節目がおとずれます。その儀式は「冠・婚・葬・祭」とあらわされ、「冠」は人の成長にともなう諸儀礼、「婚」は結婚式、「葬」は葬送儀礼、「祭」は祖霊祭祀、のこととされています。
この中でも特に、「葬」と「祭」は人の死によってとりおこなわれるものですから、誰にもまちがいなく必要となる日が訪れます。

 

もちろん、いずれご自身にも死は訪れますが、蓮華香炉悲しくもそれより先に、ご家族やご親戚など親しい方々のどなたかへその必要が訪れてしまうことはさけられません。
その時、残されたご遺族の皆さまにとりまして、どのように故人さまを葬送されるか、偲ばれるべきか、色々とお悩みになられることと思います。

 

如来寺では、そのようなご遺族さまそれぞれの思いや迷いなどくわしくお話しをいただいて、できるかぎり心のこもった法要をとりおこないたいと思っています。
また、もちろん「冠」「婚」など慶事法要もおこなっておりますので、人生それぞれの節目には、ぜひご参詣たまわりますようお待ちしております。

葬送儀礼

葬送儀礼とは、故人さまを葬られるにあたって行われる一連の法要や儀式のことです。
浄土真宗本願寺派では、これらはいずれも追善供養ではなく、遺族さまが故人さまの死を縁として仏法にであい、故人さま遺族さまともに阿弥陀如来の本願によって往生成仏をとげ救われることに感謝する仏事とされています。

臨終勤行(りんじゅうごんぎょう/枕経(まくらきょう)
ご本人の臨終に際し、阿弥陀仏への感謝としてご本人によってお勤めいただく儀式です。
しかしそれは実現がむずかしく、ご臨終のあと故人さまにかわりまして、僧侶がお仏壇の阿弥陀如来へとお勤めをさせていただきます。その際、故人さまの枕元で勤行させていただくことも多いため、枕経ともよばれます。
お勤めの後には、これから必要となる仏事やその準備などについて、何なりとご遠慮なくご相談ください。
通夜勤行(つやごんぎょう)
葬儀式の前夜に行われるお勤めで、ごく近しいご遺族や有縁の方々に集っていただくことが一般的です。わたしたち宗派では、故人さま最後の「お夕事(おゆうじ/夕方のお勤め)」を一緒にお勤めさせていただくという意味もあります。
また、通夜勤行から葬儀式にいたる一晩は、故人さまのお身体があられる最後の夜となりますので、その側で通夜(つや)という言葉のまま、夜を通して故人さまを偲ばれる方々も少なからずおられます。
この時すでに、故人さまは阿弥陀如来の本願力によって、まちがいなく往生成仏されておりますので、そのことにご安心されてお勤めください。
葬儀式(そうぎしき)
葬儀式は、一連の葬送儀礼のなかで最も重要な法要となります。
葬儀会館やご自宅などでとりおこなう葬場勤行から、火葬場で火葬前におこなう火屋(ひや)勤行、お骨がご自宅へもどられましたら環骨(かんこつ)勤行、そのままご希望により繰りあげ初七日などおこないます。

 

その規模は、ご遺族とともにご親戚ご縁者の皆さま、お仕事や交友で有縁の方々など広くご参集いただいたり、あるいは限られた近しい方々のみで行われたりさまざまですが、亡くなられた故人さまを偲び悲しみのなか葬送されるお心は同じです。
そして、そのお心を抱かれましたご遺族やご参列の方々は、亡くなられた故人さまのご縁によって、阿弥陀仏を知りその仏法に出会われることになります。
それはもちろん、すぐにそうと気づかれるわけでなくとも、このような法要によって故人さまを偲ばれていくにつれ、その故人さまの往生成仏について何か思われることございましたら、それこそ阿弥陀如来の本願に気づいていただける第一歩となります。

 

わたしたち浄土真宗の僧侶は、故人さまを往生成仏いただいた阿弥陀如来への仏徳賛嘆(ぶつとくさんだん)仏恩報謝(ぶっとんほうしゃ)として葬儀式を勤行いたします。
ご遺族さまをはじめ、ご参列いただいたすべての方々にも、阿弥陀如来の本願力はあまねく届いておりますこと、法要によってお伝えしていきたいと思います。
中陰(ちゅういん)

初七日(しょなのか)、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、四七日(よなのか)、五七日(いつなのか)、六七日(むなのか)

中陰とは、生命あるものが死んで次の世をうけるまでの中間の時期、という古代インドの哲理で、そこから人が亡くなってから7日×7週の49日間をいうようになりました。
葬儀式までに当寺からご遺族さまへ「中陰表」をお渡しいたしますので、その日付にあわせて法要をお施しください。
中陰期間のお勤めは、仏事を学び、お経を練習し、分からないことを僧侶へ質問する機会とお考えいただき、すべてでなくともできるかぎりお勤めください。
満中陰(まんちゅういん/四十九日)
満中陰とは中陰がすべて満ちたという意味で、古代インドの考えでは生まれ変わりが完成したということになり、一般には忌明けともよばれます。
しかしながら浄土真宗では、故人さまのお命がつきたと同時に阿弥陀仏による往生浄土がなされているため、生まれ変わりもなく、死が忌まわしいことでもありません。

 

そのためこの満中陰は、故人さまのご臨終から葬儀式をへてようやく少し落ち着いたころとなりますから、葬送儀礼の大きな節目ととらえていただければと思います。
できましたらご家族やご親戚などおよびになられ、いまいちど故人さまを偲びながら、その往生成仏をなしてくださった阿弥陀仏への感謝をこめてお勤めをいただければと思います。
百ヶ日(ひゃっかにち)
宗派や寺院によって考え方は様々ですが、如来寺ではこの百ヶ日を、一連の葬送儀礼が終わり日常のお勤めが始まる大切なお勤め、とご説明しております。
臨終勤行から始まり、通夜勤行、葬儀式、中陰、満中陰と続いてきた葬送儀礼は、この百ヶ日で最後となります。いわゆる法事の形をとらず、親しいご家族さまだけでもよろしいかと思います。
初盆は待たなくとも大丈夫ですから、ここより徐々にご自身の明日へと目を向けてお過ごしください。
納骨(のうこつ)遷骨(せんこつ) 墓園 納骨堂
故人さまのお骨を、お墓や納骨堂へとお納めするお勤めが納骨法要となります。
そして、いまのお墓や納骨堂から、故人さまのお骨を他へお移しするお勤めが遷骨法要となります。
なお、浄土真宗本願寺派では、葬儀式のあと納骨される時期について特に定めはございませんので、ご遺族さまのご心情やご都合にあわされまして、ご随意に時期をお決めください。
また、これら法要では僧侶が現地までお伺いいたしますので、遠隔地などの場合にはご相談ください。

 

墓園 納骨堂
お布施の例(僧侶一名の場合/法名・車・膳代など一切込み/諸々ご相談に応じますので、目安としてご参照ください)
葬送儀礼 臨終勤行 通夜勤行 葬儀式 初七日 満中陰 百ヶ日 納骨・遷骨
個別 2万円〜 5万円〜 20万円〜 2万円〜 5万円〜 3万円〜 各2万円〜
一式 25万円〜
式場 別途(初七日以降は如来寺本堂・川西別院での催行も可能です。詳細は当寺までお問い合わせください) 現地
脇導師等 ※葬儀式で導師となる僧侶一名の他に、脇導師など複数の僧侶をご希望される場合は、一名につき15万円〜となります。

年忌法要(ねんきほよう/法事)

年忌法要とは、故人さまが亡くなられてから、その祥月(しょうつき)命日にあわせ一定の年ごとにおこなう法要です。
葬送儀礼で悲しみを分かちあわれた方々にご参集をいただき、それぞれに故人さまをお偲びいただくとともに、お互いを支えあい励ましあえるご縁を深めていただく貴重な仏事となります。
これらも、故人さまの死をご縁として皆さまが仏法にであい、阿弥陀如来の本願によって往生成仏をとげ救われることに感謝する法要です。

一周忌
故人さまが往生されて丸一年目のご法事です。
残された方々はこの一年で初めて、故人さまのおられない四季をそれぞれの思いを抱かれお過ごしになられたことと思います。
まだまだ悲しみ癒えず寂しさつのるころではございますが、そうであればこそ、また近しい方々にご参集をいただきまして、ごゆっくりと故人さまをお偲びください。
三回忌
故人さまが亡くなられた時を一回と数え、それから1年ごとに回忌を重ねますので、2年後の祥月命日(しょうつきめいにち)が三回忌となります。
特に三回忌までの法事は「銀色か白のローソク」をお供えしますが、七回忌以降は「赤か白のローソク」というように荘厳(しょうごん)自体もかわる節目の法事となります。
悲しみ事は三回忌までというわけではありませんが、できればご家族ご親族がお集まりになって、営まれていただきたいと思います。
七回忌、十三回忌、十七回忌、二十五回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌 〜
三回忌より以降の年忌法要は、宗派や地域にもよりますが、如来寺では七回忌〜五十回忌をご案内しております。さらに五十回忌より以降は、50年ごとのお勤めとなります。
できましたらこれら年忌法要は、ご参集いただける方々がおられる限り、続けていただければよろしいかと思います。
ご法事も葬送儀礼と同じく、故人さまを間違いなく仏としてくださった阿弥陀如来への感謝を第一として、あとは残された者同士が仏前に集うことで仏法を学び、またご縁を深め合うことを目的としています。
永代経開闢(えいたいきょうかいびゃく) 恒例法要:永代経法要
永代経とは故人さまのご命日ごとに永代にわたって読経(どくきょう)することで、そのはじまりが永代経開闢です。
故人さまと寺院を結ぶご縁として、ご遺族さまから懇志(こんし/真心のこころざし)をお納めいただきますと、例年とりおこなっております永代経法要が最初の永代経開闢法要となって、僧侶が遺族さまとともに勤修させていただく永代の読経がはじまります。

 

この永代経開闢では、『如来寺永代経開闢過去帳』に故人さまのお名前を記載させていただきますので、遠い将来たとえご遺族さまがいなくなられたとしても、如来寺の住職が代々にわたって永代に読経をさせていただくこととなります。
人はそのお命つきれば必ず阿弥陀如来が往生成仏をとげてくださいますから、残された方々は故人さまへの追善供養などご心配をいだかれるにはおよびません。ただひたすら故人さまを偲ばれて、心の底からご安心されてお勤めください。

 

永代経開闢をおこなう永代経法要は、如来寺本堂にて例年5月、土曜日と日曜日の午後2時から計2回おこないます。檀家さまへは日程をお知らせし、当サイトの注目記事でも告知いたしますので、事前にお申し込みください。

 

恒例法要:永代経法要
お布施の例(一周忌〜百回忌:僧侶一名の場合/車・膳代など一切込み/諸々ご相談に応じますので、目安としてご参照ください)
年忌法要 一周忌〜百回忌 永代経開闢
個別 各4万円〜 [開闢懇志]25万円〜
式場 別途(如来寺本堂・川西別院での催行も可能です。詳細は当寺までお問い合わせください) 如来寺本堂(例年5月催行)

日常勤行

ふだんの生活のなか、気がねなく心をこめて阿弥陀如来へお参りをさせていただけるのが、ご自宅のお仏壇です。もちろん、もしお仏壇をおもちでなくても、阿弥陀さま故人さまが皆さまをお見守りであることにかわりはありません。
しかし人とは愚かなもので、目に見えるものがなければ大事なこともつい忘れがちになってしまいます。そういう意味でお仏壇とはとてもありがたく、わたしたちもいずれ命つきたとき、かならず阿弥陀如来が本願によって往生成仏させてくださることを思い出させてくれるのです。
どうぞ一日一日の感謝をこめて、お仏壇の阿弥陀さまへとお念仏もうしあげてください。

月命日(つきめいにち/月参り、月忌法要、逮夜(たいや)参り)
月に一度、故人さまのご命日にあわせて、ご自宅のお仏壇へ僧侶がお勤めをさせていただく法要です。
ご希望の日時をお電話にて当寺へお知らせくださいましたら、坊守がお承りいたします。
読経はおもに『仏説阿弥陀経』と『領解文』となり、その後に少しお話しなどさせていただきますと、所要20〜30分ほどとなります。
皆さまが仏事へとお馴染みいただける良い機会になりますよう、私どもも心をこめてお勤めさせていただきます。
まずは、お仏壇の阿弥陀如来へ手を合わされることから、お念仏を日に一度でもお称えいただけましたら、そこから少しずつお励みください。

 

▼補足:『仏説阿弥陀経』と『領解文』
祥月命日(しょうつきめいにち)
祥月命日とは、故人さまの亡くなられた日付と同じ命日のことで、一般に命日といえばこの祥月命日のことをいいます。
一年に一度だけの特別なご命日となりますから、もし月命日をなかなかお勤めしきれなかったとしても、この祥月命日だけは、ご家族おそろいになって近しい方々にもご参集をいただき、お勤めをいただければと思います。
初盆(はつぼん/新盆(にいぼん)お盆(盂蘭盆会(うらぼんえ) 恒例法要:万灯会法要
一般に、人が亡くなり四十九日を過ぎてから次に迎えるお盆が初盆とよばれます。また、お盆は日本古来の祖霊信仰と仏教の『盂蘭盆経(うらぼんきょう)』の故事が習合し、祖霊が家に帰ってくるとされる夏の行事です。

 

浄土真宗では、人はその命つきるとともに阿弥陀如来の本願によって往生成仏させていただいておりますため、霊そのものが存在しません。また、もし亡くなった故人さまが帰ってこられたとしても、それは成仏された如来としての降臨であって、成仏のための供養を必要とはされません。
如来寺では、故人さまを偲ばれてそのご成仏をお喜びいただき、阿弥陀如来に感謝を申しあげる大変よろしいご機会として、お盆でのお参りを勤修させていただきます。
多くの方々が夏期休暇をお取りになる時期でもありますため、ぜひご家族やご親戚などご参集されましてお勤めください。

 

そして如来寺境内では、例年8月16日に万灯会法要をとりおこないます。
その一年間に檀家さまとしてご縁あった故人さま方のご位牌を本堂で勤行のうえ、お焚きあげさせていただきます。
また、ご希望によりお申し込みをいただきましたら、用紙に故人さまの法名と俗名を記入して巻きつけた『万灯会灯籠』をあげさせていただきます。
なお、この『万灯会灯籠』は、今まで如来寺とご縁ございませんでした方々にも、お電話でご連絡を頂戴しましたら準備させていただきますので、ご家族おそろいでのご参詣、おまちしております。

 

恒例法要:万灯会法要
彼岸(ひがん/春分・秋分) 恒例法要:春期彼岸会法要 恒例法要:秋期彼岸会法要
彼岸とは川をはさんだ向こう岸、仏さまのおられる「さとりの世界」を意味し、それに対してわたしたちのこちら岸は此岸(しがん)という「迷いの世界」となります。
そこから彼岸会は「さとりの世界」におられる仏さまを賛成(たた)える賛仏会(さんぶつえ)ともよばれ、「さとりの世界」へとおもむかれた故人さまを偲んで多くの方々がお墓参りをされたり、ご自宅での法要を施されています。

 

阿弥陀如来は、私たち衆生にとって自分の力で仏になるということは、とても難しいとお考えになられて往生成仏をお約束なされ、親鸞聖人がそのことを説かれました。
そのため、そのような慈悲と智慧のありがたさをあらためて思い、感謝のお念仏をお称えさせていただくのが彼岸会法要です。

 

如来寺では、3月春分の日と9月秋分の日にそれぞれおこなわれますので、ぜひご参集ください。また、それ以外の日はご自宅でのお勤めもさせていただけます。

 

▼補足:彼岸へ至る修行─六波羅蜜 恒例法要:春期彼岸会法要 恒例法要:秋期彼岸会法要
入仏(にゅうぶつ)遷仏(せんぶつ)
新しいお仏壇を購入されたときや、修繕にだしていたお仏壇がお家にもどってこられたときなど、『ご本尊のお掛軸』をお仏壇へお入れするお勤めが入仏法要です。
そして、何かのご事情でお仏壇をお家からなくすときや、修繕へだすときなど、『ご本尊のお掛軸』をお仏壇から他へお移しするお勤めが遷仏法要となります。
お布施の例(僧侶一名の場合/車・膳代など一切込み/諸々ご相談に応じますので、目安としてご参照ください)
日常勤行 月命日 祥月命日 初盆/お盆※1 ・彼岸 万灯会燈籠※2 入仏・遷仏
個別 3千円〜 1万円〜 各1万円〜 2千円〜 各2万円〜
式場 別途(如来寺本堂・川西別院での催行も可能です。詳細は当寺までお問い合わせください) 如来寺 ご自宅
ご注意 ※1:初盆/お盆は大変混み合いますので、檀家さまは「お盆参り」申込書にてお申し込みください。
※2:万灯会燈籠は、「万灯会燈籠」申込書1枚に故人さま1名の法名と俗名をご記入ください。檀家さま以外のお申し込みは、先にお電話でお問い合わせください。
 ←それぞれの檀家さま用申込書は、サイドバー・目次の「▼檀家さま用申込書PDF」からもご利用いただけます。

慶事(けいじ)

仏教は生と死を一体のものとしてとらえます。そのため如来寺の恒例法要は、すべて仏徳賛嘆・仏恩報謝の慶事としてとりおこなわれます。
また、人々の成長を祝う「冠」、人々の絆を祝う「婚」、これらも「葬」「祭」とともに人生の礎(いしずえ)となって、皆さまがこれから築いていかれる未来をささえていきます。
どうぞ皆さまのお慶(よろこ)びを、阿弥陀さまご家族さま有縁の方々とともにお分かちください。さらにそのお慶びが大きく育っていかれますように。

恒例法要
すべてはどなたさまでもご自由にご参加いただけますので、お気軽におこしください。

 

涅槃会〜写経会 2月 涅槃会〜写経会(日時不定)
春期彼岸会法要 3月 春期彼岸会法要(春分の日14:00〜)
花  祭  り 4月 花祭り(8日14:00〜)
永 代 経 法 要 5月 永代経法要(後半の土曜14:00〜・日曜14:00〜)
万 灯 会 法 要 8月 万灯会法要(16日19:00〜)
秋期彼岸会法要 9月 秋期彼岸会法要(秋分の日14:00〜)
報 恩 講 法 要 11月 報恩講法要(後半の土曜14:00〜/19:00〜・日曜14:00〜)
除  夜  会 12月 除夜会(31日23:45〜)
仏前結婚式
(とおと)いご縁によって結ばれたお喜びを阿弥陀さまに申し上げ、報恩感謝の新しい門出となる儀式です。
親鸞聖人と恵信尼さまも、ご結婚されてなおいっそうお念仏の喜びを生き抜かれましたように、新郎新婦さまの輝かしい未来へむけてお勤めさせていただきます。

 

清らかなお香の芳(かお)りの中、祝福をこめた勤行から、仏前にて誓いの言葉やお念珠の授与などをおこないます。
ご希望であれば雅楽の演奏、指輪の交換、記念撮影などもおこなえますので、お二人とご両家さまのご希望を承りながら組み立ててまいります。また、多数ご友人のご参列などもお受けできます。
仏教徒としての感激あふれるお二人一生の思い出としていただけますよう、如来寺住職が司婚者として尽力させていただきますので、委細ご遠慮なくご相談ください。
初参式(しょさんしき)
赤ちゃんに初めてお寺へとお参りいただくのが初参式です。
阿弥陀如来の御前にて、尊いご縁によって恵まれた新しいお命を、ご家族やご縁ある方々がそろってお祝いされ、感謝されるお式です。
ここで赤ちゃんは阿弥陀さまのお慈悲をいただき、ご家族皆さまで新しい命の慶びを阿弥陀さまへご奉告され、親御さまは赤ちゃんにより「親」というお役割をいただいた感謝を阿弥陀さまへと申しあげます。
ぜひともご家族そろってのご参詣をお待ちしております。
奉告参拝(ほうこくさんぱい)
誕生、入学、卒業、成人、就職、昇進、叙勲褒章、快気祝い、長寿祝いなど、人生のお慶びを阿弥陀如来へとご奉告されて、報恩感謝を申しあげる儀式です。
お念仏の喜びに生きる日々へと訪れる慶事は、お念仏によって励まされ努めてこられた人生の賜物でもあります。
そのようにおはからいをいただいた阿弥陀如来への感謝をお念仏に申しあげられまして、さらに新たな未来をひらいていただければと思います。
建碑式(けんぴしき)
新しくお墓を建立されましたら、慶事としてとりおこなわせていただく法要です。
浄土真宗におけるお墓とは、故人さまのご遺徳を偲び、故人さまご遺族さまともに阿弥陀仏の慈悲につつまれておられることへ感謝していただく縁となるものです。
この際に納骨もされます場合、納骨法要もあわせて勤修させていただきます。また、僧侶は現地までお伺いいたしますので、遠隔地などの場合にはご相談ください。
起工式・上棟式・定礎式
建設工事の各種式典も、浄土真宗本願寺派の仏式にておこなわせていただけます。
浄土真宗における起工式・上棟式・定礎式とは、仏光照護のもと機縁の純熟をよろこび、仏恩に感謝して完遂の決意をあらたにする儀式となります。
竣工式
浄土真宗における竣工式は、慈光照護のもと新築(修復)の普請が完成したことを仏前に奉告するとともに、有縁の人びとが仏恩を報じ感謝の喜びを表明する儀式となります。
阿弥陀如来と皆さまともに、無事竣工のお慶びを南無阿弥陀仏ご称名のもとお分かちください。
お布施の例(僧侶一名の場合/諸々ご相談に応じますので、目安としてご参照ください)
慶事 恒例法要 仏前結婚式 初参式・奉告参拝 建碑式 起工式・上棟式・定礎式・竣工式
個別 ご随意 15万円〜 各2万円〜 2万円〜 各5万円〜
式場 如来寺本堂 現地

▲補足『仏説阿弥陀経』と『領解文』

『仏説阿弥陀経』は、浄土真宗で聖典と定められた「浄土三部経」のひとつです。「小経」とも呼ばれるように、三部経の中では最も短い経典となります。
阿弥陀如来による西方極楽浄土のうるわしい荘厳相と仏・菩薩などの尊い徳が示され、そこへ往生するには一心に念仏することが説かれると、東西南北上下の六方におられる諸仏によってそれが証明されていることが述べられています。

 

『領解文』は『仏説阿弥陀経』が読経された後に唱えられます。
浄土真宗の門信徒にとって必要となる「安心(あんじん)」「報謝」「師徳」「法度」という4つの心得を、中興の祖である蓮如上人が分かりやすく要約して示された文章です。

▲補足 彼岸へ至る修行─六波羅蜜

仏教では、彼岸に至ることはサンスクリット語でパーラミー、中国語で波羅蜜(はらみつ)と訳されて、彼岸へ至る6つの修行が六波羅蜜(ろっぱらみつ)として説かれます。
①布施波羅蜜(施しをすること) ②持戒波羅蜜(戒律を守ること) ③忍辱波羅蜜(耐え忍ぶこと) ④精進波羅蜜(すすんで努力すること) ⑤禅定波羅蜜(精神を統一し安定させること) ⑥智慧波羅蜜(真実の智慧である無分別智を得ること)。
もちろん、誰もがたった一度の人生で、これらの修行すべてを「自力」で完成することは不可能です。お釈迦さまも阿弥陀如来も、それぞれが気の遠くなるような輪廻転生を何度も繰り返して修行を積まれ、ブッダとなられました。